「ほっ」と。キャンペーン
<< Finlandの早春 パヴァロッティよ、永遠に >>

春を告げる香りと色

d0050573_25426.jpg


今日は快晴のいいお天気でした。
そして連休中なので、
先日マッティのパパママの新しいマンションにお邪魔することに。
実はリベンジなんです。
前回はカーナビがあるにも関わらず、マッティはモーターウェイの降り口を間違えて、たどり着けなかったんです。私にカンカンに怒られて、帰って来たのです。待っているだろう、ママに、「あなたの息子はカーナビがあっても迷子になって今どこにいるのかさえも分からないので、今日はたどり着けません。」と私が電話を入れました。
この驚異的な方向音痴は実はママの血なんです。

そして今日は前回のお詫び(私への)に通り道のタンペレのデパートに寄って何か買ってくれることを条件に出して、マッティに付き合ってパパママのお宅訪問リベンジとなったのでした。

で、今日の私の収穫は、写真の通り。
オードトワレと口紅。
私はあまり甘いこってりとした香りが好きではないので、
迷いましたが、ケンゾーのローパケンゾー。テーマは水です。
トップノートにライラックグリーンとフロストウォーターミントの香りが立ち上がり、ミドルノートにジャスミンやリリー、アマリリスなどのフローラルがきます。最後にブルーシダーとバニラポッドに優しく落ち着くという、なかなかさらりとした優しくナチュラルな一品です。

ちなみに最後まで私が悩んだのが、ブルガリのローズエッセンス。
これも立ち上がりは甘くなくすっきりとしていていい感じでした、
しかしやはりミドルノートがかなり甘いかも。
そしてもう一つが、やはりブルガリのアメジスト。
紫色のボトルも凄く魅力的でしたし、立ち上がりきりりと品のある凛とした香りがいかにもアメジストの何ふさわしかった。
次はこれをゲットしようと思います。

それとシャネルのこの春の新色から。2色、ほとんど似た色です。
あけていない方が少しだけ淡い。
136番のローズドロップ。落ち着いた上品な大人のピンクです。
まあ、こんな風に何か小物でいいから、買ってくれるなら、
また行ってもいいよ。と、私はマッティに云ったのでした。
[PR]
by lehto | 2008-03-23 02:09 | いろいろあれこれ
<< Finlandの早春 パヴァロッティよ、永遠に >>