<< パヴァロッティよ、永遠に 江戸時代の家具事情 >>

スコーンとチョコマフィン

http://web.mac.com/othelics/
今日のothelicの椅子ではスコーンとマフィンとミステリーのつながりを。

d0050573_2045377.jpg



ヨーグルトスコーンのレシピを追加だよ〜ん。



①150mlのミルクと75gのヨーグルトを別の器に混ぜておきます。
②220gの小麦粉と110gの米粉、(この配合もサクサクの秘訣です)3g塩、ベーキングパウダー小さじ5をあわせてふるいにかける。
③こね台(大きめのまな板でも)の上に軽く小麦粉をふってその上で、無塩バター75gをスケッパー(菜切り包丁でもOK)で薄く細かく切ります。
④ふるっておいた粉類をあわせて、ぱらぱらサラサラになるよう、切り続けます。(みじん切りの要領で)
⑤全体的に細かいサラパラになったところにミルクヨーグルトとあわせてざっとフォークで混ぜます。
⑥ここで秘密兵器、粟をさっと適当な量入れます。(食感にプチプチと独特な味が出ます。)
⑦手で練ってなめらかにします。
⑧練った生地を一つにまとめ、軽く麺棒でのばします。厚さ1cmぐらい。
⑨お好きな型で抜いて、ベーキングシートを敷いたプレートに並べます。
⑩220℃に熱しておいたオーブンで12〜15分ぐらい焼きます。
きれいなきつね色になって、側面が口を開けるような感じになるまで焼いてください。
⑪焼きたてのさくさく中ふんわりに、レモンカードやベリーのジャムなどを添えてミルクティーと一緒に
召し上がれ。
あなたもミス・マープルと一緒にお茶しているような気分になれますよ。
[PR]
by lehto | 2008-03-15 20:47 | クッキング
<< パヴァロッティよ、永遠に 江戸時代の家具事情 >>