<< 薔薇をモチーフに つぶ餡のお饅頭 >>

橙の検査結果

d0050573_2301361.jpg

皆さんにご心配いただいている橙です。
猫専門病院へ行って診てもらいました。

血液検査、すべて異常なし。
尿検査ちょっと薄いが便秘予防のためたくさんの水分をとっているためでしょう。
レントゲンから背骨、股関節等骨も異常なし。
肝心の直腸ですが、多少大きくなっているものの巨大結腸症というにはそれほど大きくないのと、また巨大結腸症の子は血液検査にカルシューム値が低く出るらしいのですが、それもないので、やはり巨大結腸症ではないでしょうと。
エコー撮影で、小腸に変形が見られる。太くなってる部分箇所があるらしい。
生体検をしてみないことには詳しくは分からないと。
腸全体の動きも弱く、肛門も過敏になっているそうだ。
だいたいこんな感じですが、深刻な疾患や問題があるというわけではないようです。
とりあえずは、これまでどおりの食事管理と便を柔らかくするラクトルーツ、腸の蠕動運動を促すお薬、抗生剤で様子をみながら、必要な時は浣腸も。
仔猫であることと、小腸の変形も珍しいケースであるらしく、ドクターも他の先輩ドクターや同僚ドクターと橙ケースは検討してチームを組んでこの先の経過も診てくれるということです。

とりあえずは、生死にすぐかかわるような深刻な状態ではないようですので、
一安心です。
ラクトルーツの量も増やして、腸の動きを助けるお薬も出たし、柔らかい状態で便が出せるようにしていけばいいようです。
橙に合った生活パターンを確立していけるよう心がけていきます。
皆さん、ご心配おかけいたしました。


d0050573_371284.jpg

d0050573_381895.jpg

ふふふ、旅は道連れ、世は情け。
橙君、今回は電車でヘルシンキへ行きました。
橙君の道中友のワンコさんたちです。
[PR]
by lehto | 2006-10-07 03:12 | わんにゃん
<< 薔薇をモチーフに つぶ餡のお饅頭 >>